中野 老舗和菓子 焼き団子がオススメ いさわ <オススメスイーツ>




中野に行ったらいさわに寄らなくちゃ(‘ω’)ノ

中野の皆様お待たせしました、創業60年を超える老舗和菓子屋
いさわをご紹介です。

ここでしか味わえないみたらし団子、ありますよ♪

 

いさわとは

中野駅南口から商店街のあーけど沿いに5分ほど歩いた所にある老舗和菓子屋さん
昔ながらの姿を残した佇まいは、時代を知らないのに懐かしさが溢れてくる、そんなお店です。

舞台に出ている知人から「差し入れでよく戴く」「美味しい」と聞き、
賞味してからすっかりファンになりました。

他では味わえないほど柔らかいやきだんご(みたらし団子)がオススメです。

 

お店の行きかた

 

中野駅

は南口改札を出てください。

サンプラザや歩道橋が無い方です。

目の前のバス停を右、

不二家が見える商店街の道をまっすぐ歩いてください。

矢印の方向へ。

5分ほどですが、ほぼ商店街の終わりにあるので
途中で諦めたくなるほど遠く感じますが頑張ってください。

まだまだ歩きます。

 

もう、「トホホ・・・道間違えたに違いない!?」と
疑う位歩くとお店は現れます。

(´ω`)あきらめないで!

 

お店は地元の人から愛されていて、メインのやきだんごやあんだんごは平日17時位には売り切れる日が多いです。

因みに、大福やお饅頭は20時過ぎても買えます。

 

※余談ですが、お店のOPENは11時とあるのに11時から作り始めることもしばしばあります。やきだんごを買いに行ったら、「今作るからね~」と言われたこともあります(笑)地元のお菓子屋さんならではの話です、ここはゆったり待ちましょう。

 

 

お店外観

 

歴史を感じる佇まいです。

ガラスのショーケースに、木枠に入った状態で商品が並びます。

おだんごやだいふく、お饅頭、いなりずし、赤飯、のりまきなどなど。

 

やきだんごはちゃんとタレをスプーンで掬って入れてくれます

嬉しいですね♪

 

季節や時間により、西日が入るのでたまにショーケースに布をかぶせてあります。
閉店じゃないので、頑張って覗いてください。

 

いつ行っても16時過ぎはこんな状態。

すっからかんw

 

いつも最後を美味しく戴いてます。

この日はあんだんごが多めに残っていた模様。

 

包んでもらったもの。

変わらぬその姿・・・と言う感じですね。

 

 

それでは実食!

 

やきだんご ¥110

これこれ、絶対買ってくださいやきだんご。
焼いたお餅に少し黒目の程よく甘じょっぱいたれがかかっています。

 

あんまり写真が良くないのでこちらも。
6年前知人Tさん宅に持ち込んだ際の写真。

こげの風味がいい感じに「素朴」さを引き立てています。
そしてお餅はやわらかめで良く伸びます。
(ん?お団子小さくなった???角度の問題?)

 

で・・・

 

いさわのおだんごの特徴はお味だけじゃないんです。

 

 

写真はあんだんごですが・・・

わかりますか?
3連の団子だと思うのですが、柔らかすぎて全部繋がってます。

三兄弟どころか三位一体です。
これが、ここのお団子の最大の特徴。
包み紙無くても「いさわだろうなぁ」とわかるレベル。

 

あんだんご ¥110

優しい甘さのこしあんがたっぷりかかっています。
これも2~3本ホイホイ入ります。

 

大福 ¥130

甘さは程よくさっぱり。やわらかめの粒あんです。
ほぼ、こしあんかと思える位マメの硬さを全く感じません。

 

コチラもお餅が程よい柔らかさ。

 

持ち帰ったらその日のうちに食べましょうね。
お餅が固くなりますので。

みたらし団子が好きなお宅のおもたせに、オススメ。
おだんごを裏返しながら、その特徴をネタにご歓談下さいませ。

 

 

ごちそうさまでした。

 

 

包む時間が5分だね。

お店の、背中に一途さを感じるベテランのお姉さまが
一生懸命包んでくれます。

 

Topの画像もTさんより頂きました。
またごはん行きましょうね、ありがとうございました。

 

お店の情報

住所:東京都中野区中野2-29-4

最寄り:JR中央線、東京メトロ東西線【中野駅】南口 徒歩5分

営業時間:11:00~20:30 なくなり次第終了
日曜営業

定休日:月曜日

連絡先:03-3381-6662

※大口のおもたせを予定されてる方は事前にご連絡を!!

このお店の近くのオススメ

中野 北海道からこんにちは 白い大学芋の粉雪芋

2018.05.29

スポンサーリンク