中野 北海道からこんにちは 白い大学芋の粉雪芋




中野の大学芋専門店、粉雪芋に行ってきました(‘ω’)ノ

東中野で知人が朗読劇するので差し入れを探していたら、丁度「粉雪芋」さんが「中野」にOPENするよって情報が入ってきたのでさっそく行ってきました。

「粉雪芋」とは

テレビ番組の「マツコの知らない世界」で2017年12月に放送された大学芋のひとつ。
番組規格の「大学芋の世界」で北海道の小樽の「佐々木商店」さんで販売されているものとして紹介されました。

ということで今回は中野オススメスイーツ、「粉雪芋」の紹介です。

佐々木商店とは

先ほど書いた通り
「粉雪芋」の生みの親は「佐々木商店」というお店。

佐々木商店さんは北海道小樽の「新南樽市場」の中にあるお店で、小樽ならでは、市場ならではの食材や素材にこだわる手作りお惣菜屋さん。

このお店の大学芋の特徴は、粉雪をまとったような白い見た目。蜜タイプでも、飴タイプでもなく、珍しい「粉タイプ」の白い大学芋として地元でも親しまれているそうです。

 

その佐々木商店さんの大学芋が、「粉雪芋」という名前で2018年5月に中野ブロードウェイにOPENしました。

商標やロゴまで作っていて、なかなか気合が入ってますね(*’ω’*)

 

それでは早速行ってみましょう。

 

お店の行き方

さきほど説明した通り、お店は中野にあるので「中野駅」で下車。
駅を背に矢印の方向へ。

 

北口を出て、中野サンモールに侵入してください。

中野サンモールを抜けた先にお店が入っている「中野ブロードウェイ」に到着できます。

 

平日なら約5分ほどで到着すると思います。
休日は混んでるのでここを抜けるのに10分くらいかかるかもしれませんね。

 

サンモール突き当りが「中野ブロードウェイ」入り口です。

そのまま入っちゃいましょう。

 

ブロードウェイに入って10メートルほど進むと右手に階段があるので

地下一階に降りてください。

降りたところを右折。

 

突き当りをさらに右折してまっすぐ進みます。
途中右手に肉屋さんがあれば正解。

 

 

しばらく歩くと通路が分かれますので、左手に進むと

お店が見えます。

 

粉雪芋さんに到着です。

逆側の右手には8色12段ソフトとして有名なデイリーチコさんが見えます。
※ここの紹介はまたいつか・・・

 

 

 

商品について

お店は「粉雪芋」とドリンクの販売をしています。
サイズは2タイプ、持って歩くカップタイプ¥300とお持ち帰り弁当箱タイプ¥500で、とりあえずしばらくこの価格で営業してゆかれるとのこと。

 

黄金色のお芋がまぶしいですね、揚げたてのお芋が見えます。

目の前に試食のお芋もあるのでちょっとつまませてもらいました。

 

粉雪芋の説明もあるので読みながらモグモグ(´~`)
デザインはお芋の皮の紫と、中の黄色、砂糖の白を基調としたものですね素敵です。

 

この日のレジは粉雪芋王子の「みっちゃん」さんに対応していただきました。

持ち帰りにもつまようじを付けてくれます。

 

???息子さん???

 

それでは実食!

持ち帰りにしました。

揚げたてに蓋をすると蒸れて粉が消えちゃうので、フタを閉め切らずそっと袋に入れてもらって持ち帰りです。

 

おぉなんとか白い粉残ってます♪
味は甘さがしつこくなく、さっぱりサクサク行けます。
お芋はホクホク系。
このホクホクのために、お芋は紅あずまを使用しているそうです。

 

ウエットなタイプではないので喉に詰まらせないよう、ドリンクを用意しましょう。
みずもんのオススメは珈琲です。

 

 

美味しかったです。

 

 

ごちそうさまでした。

 

【期間限定でサツマイモシェイクも販売しているそうです】

<お店公式Twitter>

このお店の近くのオススメ

中野 老舗和菓子 焼き団子がオススメ いさわ <オススメスイーツ>

2018.04.24



粉雪芋のお店情報

住所:東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ B1F

最寄り:中野駅徒歩6分

営業時間:10:00~20:00
日曜営業

定休日:毎月第3水曜日

スポンサーリンク