虎ノ門 知っているなら食べた方がイイ!大坂屋 砂場 本店 <オススメランチ>




虎ノ門まで来たら一度は寄って欲しいお蕎麦

大坂屋 砂場 本店

登録有形文化財にされている佇まいと、確かな味を是非一度堪能してみてほしいお店です(‘ω’)ノ

虎ノ門大坂屋砂場とは

虎ノ門や内幸町より徒歩5分ほどの所にある老舗蕎麦屋。

ルーツは大阪にあり、元々は豊臣秀吉が大阪城を築いたとき、大坂の和泉屋という菓子屋が資材の砂置き場に蕎麦屋を開店したところから「砂場」と呼ばれるようになったそうで、「大坂」「砂場」と銘打っているのはこの大坂本店とそして麹町の砂場から屋号を貰ったためなのだとか。

徳川家康が江戸城を築く際に江戸に進出し、麹町に店を出したのが東京の砂場。麹町の砂場は1912年に南千住に移転し現「南千住砂場」がこれにあたります。

この麹町砂場から1872年に暖簾を分けて創業たのが今回紹介する「虎ノ門大坂屋砂場」です。因みに「室町砂場」も麹町砂場からののれん分け。

砂場と名前の付くお店はこの他にもあり、いずれも同ルーツの暖簾会「砂場会」というを結成しているようですが、詳しくはWikipediaでご確認ください。

虎ノ門大坂屋砂場の建物は登録有形文化財に指定されていていて、1923年から現在までその姿を保っています。

※こちらの情報はWikipedia先生より確認しております。

 

お店の様子

お店は虎ノ門から徒歩5分の所、虎ノ門ヒルズの500m先の交差点に構えています。
砂場を知らなかった当時、ビジネス街、ビルが立ち並ぶ界隈に趣のある建物が出てきてビックリしました。

 

関東大震災にも耐え、当時の姿を残す堂々とした建物。
暖簾がかかったところが入り口ですね。

 

老舗のお味!いざ挑戦!
この日は12時20分到着で8名位並んでました。

 

因みに

 

みずもんが大好きな新橋からだと、烏森口から。
このニュー新橋ビルを右にしてまっすぐ続く道を7分ほど歩くと、砂場に到着できます。

 

この日はお昼に来訪。
激込み&相席だったので2Fへ。

 

1Fの様子を撮影したかったのですが、お客さんが少ない日に再トライしたいと思います。

 

1Fから靴を脱いで2Fへ上がると、日当たりの良い6畳ほどの座敷が。お店が東南向きなので、日当たり良好♪

 

我が家か!?って位ほっこり。
席に着くとお水が貰えます。

 

商売繁盛?小槌の飾り。
趣ありますね。

 

七味入れと、楊枝入れがかわいいw

 

お店のメニュー

 

お店のメニューはこんな感じ。
季節ごとに1ページ目のメニューが変わるので、是非ご堪能あれ。

 

白子そば・・・いいなぁ(隣の人の運ばれてきてゴクリ)

 

頼んでみて納得、ここはかき揚げがすごいので是非そばだけじゃなくてかき揚げを注文してみてください。

 

こちらは定番メニュー
もりそばは、そこそこお安いですね。

 

蕎麦は一般的なお値段ですが、てんぷら付きはそこそこのお値段になってきます(^^;)

 

蕎麦屋の夜は基本的にお酒と一緒に天ぷらつまんで、〆って感じになるんでしょうか。
天ぷらの単品のメニュー。

 

丼ものやそば汁粉などのメニューもありました。

 

この日は牛蒡(ごぼう)の天せいろを注文。先にお蕎麦のセット?を貰いしばし待機。

 

それでは実食!

 

牛蒡の天せいろ ¥1150
なんとΣ(・ω・ノ)ノ!びっくり5~6分で到着です。

 

は、早い💦

 

蕎麦だけだとこんな感じ。
蕎麦用の器は浅く広いタイプ。わさび(たぶんお店で擂った奴)ねぎ、天ぷらが付くのでおろし付き。

 

お蕎麦は白いタイプ
そして細切り。

 

なんとな~く黒い点々が付いていますが
割合としてはどんなもんなんだろう。

 

ごぼう天
ざっくりした牛蒡が2~3個出てくると思ったら、見事なかき揚げになってて驚き。

しかも、大葉付き。
職人の技が光りますね。

 

そして見た目もそうですが驚くのがごぼう天の中身。
芯までサックサク!しかもイカっぽいものも入った、まさにかき揚げ。

 

コレ、揚げるときにちょっとしたコツがいるもので、お店によっては真ん中がしんなりしちゃうものなので、芯までこの状態で出せるって・・・すんごく価値あることだと思うんですよね。

 

そしてこのクウォリティーで5~6分で出てくる不思議。しかもアツアツで。

 

気になるお味なんですが

 

ゴメンナサイ、正直虎ノ門価格だろうと舐めてました。

 

コシがあってめっちゃ美味しい✨

 

ボリュームについて少なめではありますが、この麺とサクサクのごぼう天が

 

満足度が高い仕上がりです。

 

コレは・・・絶対他のおそばも食べなきゃ!!

 

そばつゆは濃いめのお味、大坂屋って付くからさっぱりしているのかなと思っていましたが、全部そばを浸けなくても良いくらいのしっかりとした味付けでした。

 

 

蕎麦が運ばれてきた後に、蕎麦湯も登場。
蕎麦湯はかなり透明な感じ、ドロッとしたところはありません。コレは残ったタレと天ぷらの衣といっしょにイタダキマス☆彡

10分程で完食しましたが、さすがの老舗ですね。

 

大満足です、また来ます!!

 

ごちそうさまでした。

 

このお店の近くのオススメ

 

【そば処港屋】

虎ノ門 蕎麦の概念を覆す!?モリモリ食べるつけ蕎麦 そば処港屋 <閉店:記録>

2019.01.24
砂場から徒歩5分ほどの所、虎ノ門ヒルズのすぐそばにある人気そば店。
老舗の砂場と違い、港屋は全く新しい蕎麦のスタイルを確立し、それが支持されて15年以上行列を保ち続けています。
歯ごたえのあるそばを豪快にいただく、他では見ない不思議なお店なので是非一度お立ち寄りを。
 

【ヘッケルン】

虎ノ門 ジャンボプリンが人気 ヘッケルン <オススメスイーツ>

2018.01.30
砂場から、新橋に向かう道の途中にあります。
ジャンボプリンが人気の「ヘッケルン」美味しい自家製プリンも勿論のこと、マスターの人柄が品期の秘訣だと確信。
面白いので是非一度行ってみてください。

 

【味覚】

虎ノ門 テーブルから逃げ出したくなるほどの激辛麻婆が食べられる! 味覚 <オススメディナー>

2018.11.11
砂場から徒歩5分位の所に3店舗ほどある辛い麻婆豆腐が人気の中華料理店
激辛を注文すると、席から逃げたくなるほどむせ返る辛さの麻婆が堪能できます♪
辛い物お好きな方は是非✨

 

【ザ タヴァン グリル&ラウンジ】

虎ノ門 地上51階からの眺めが楽しめる ザ タヴァン グリル&ラウンジ <オススメランチ>

2018.11.09
会食で訪れました。虎ノ門ヒルズ51階からの眺めがたのしめるレストラン。
お高級な様相ではありますが、格式高さより、スマートカジュアルな雰囲気のお店で、我儘なお願いもある程度聞いてくれる素敵なお店。
子供メニューも、うどんなどを用意してくれます。
お値段は・・・ホテルの51階のお値段です🌟
 

 虎ノ門大坂屋砂場のお店情報

住所:東京都港区虎ノ門1-10-6

最寄り:虎ノ門 内幸町 から徒歩5分 新橋駅からだと徒歩10分

営業時間:

[月、火]11:00~20:00
[水、木、金]11:00~21:00
[土]11:00~15:00

定休日:日・祝・第3土曜日

連絡先:03-3501-9661

<食べログ貼っておきますね>