自由が丘 話題のクレープブリュレと帰省土産 コムクレープ <オススメスイーツ>




メディアで度々取り上げられる、焦がしクレープの「クレープブリュレ」で有名なコムクレープの紹介です(‘ω’)ノ

都内では原宿や自由が丘で展開されていて、連日行列になることで知られていますね♪今回はそのコムクレープの自由が丘店に行ってきましたのでご案内です。

お店の行き方や、2018年8月現在自由が丘店のみ行われている配送サービスについても掲載いたしますのでご覧くださいませ🌟

 

クレープの写真だけ見たい方は、下にある目次から「実食」の文字をクリックして飛んでくださいね♪

 

コムクレープとは

オーナークレーピエのkei hasegawa氏が創る、富山発祥のクリエイティブクレープ専門店。

2004年に富山に本店を出し、翌年にカスタードが入ったクレープの表面を焦がす「クレープブリュレ」を発売。以後その「クレープブリュレ」が人気商品となり、都内には度々の催事出店を経て、2016年に原宿店をOPEN🌟その珍しさ、美味しさから多くのメディアにも取り上げられ連日大行列を作っています🍦✨

お店のメニューは「クレープ」生地を使用した独創的なスイーツが中心で、大人気の「クレープブリュレ」をはじめ、持ち歩けるミルクレープの「イチゴミクレープ」。「クレープドルチェ」「ベーコンエッグクーパー」「チーズガレットシリーズ」などを展開。形状のこだわりだけでなく、生地に使う粉からレシピまで、全てオリジナルなのだとか。

 

「たかがクレープ。されどコムクレープ」をコンセプトに、日々オリジナルクレープを開発し、発信しています。

 

時々新開発の商品の試食販売しているそうで、いち早く最先端のクレープが食べたい人はhasegawa氏のTwitterをフォローすると良いですよ🌠

 

 

自由が丘店の行き方

それでは、自由が丘店の行き方をご案内します。駅から徒歩5分ほどなので行きやすいかなと思います(‘ω’)ノ

自由が丘駅南口からが近かったので、コチラから。北口、南口ありますがコチラの南口から出てくださいね。

 

自由が丘駅南口を出たら右折します。

 

右を向くと視界はこんな感じです、高架下をそのままくぐって通過してください。
高架下を抜けると

 

目の前に東急グループが経営する「トレインチ自由が丘」の入り口が見えますので侵入してください。
ココ、手前に見えてる道路が踏切りになってますので左右気を付けながら渡ってくださいね。

 

魅力的な雑貨屋さんやパン屋さんが見えますが、ぐっとこらえて奥まで進みます。
地下格納タイプの駐輪場(左)が見えたらもう少しです。

 

一番奥の階段目指して歩き、階段を昇らず左折します。
この道の1つ手前にも出入り口があるので・・・間違えて出ないよう注意です🌟

 

曲がるとこんな感じ。
写真の奥に見えるのがコムクレープです。

みずもんも気が付かずうっかりトレインチの外に出ちゃいました(;´∀`)

 

一応正面から見るとこんな感じ、MAPばっかり見て歩いてたら見逃しちゃいました・・・
曲がって突き当りです🍓✨

 

 

徒歩5分もかからないかも、お店に到着です✨
正面の扉から入りましょう♪
平日午前中だったので、落ち着いて購入できました🌟

 

メニュー

たまにオーナーさんが期間限定でSNS相互フォロー割引をしていることがあるので、お店に行く前にフォローをお忘れなく🌠
毎日のようにSNSを更新して、フォロバしたり、お店に立ち寄ったお客さんをRTしているのでわかりやすいかと。

自由が丘店は持ち帰りクレープONLYのようなので、メニューはこんな感じ。しょっぱいクレープも魅力的です🌟

 

自由が丘の店内では冷凍タイプのクレープも用意されています。
お持たせなどで長時間運ぶ場合は専用のバッグの販売もあるので、暑い夏も安心です♪

 

その場で食べるふわふわのクレープブリュレが美味しいのは勿論のことですが、この美味しさを持ち帰りたい場合は冷凍タイプを購入すると目的地到着するくらいが食べごろになっているかと。
※目安2時間。
専用の大きな保冷バッグも販売されていて、これで持ち運んで冷凍庫に移し替えると、30日ほど日持ちします。
食べる2時間前に冷蔵庫に移し替えると良いそうです。

 

一度解凍したクレープは再冷凍すると食感が変わってしまうのでご注意☆

素敵な保冷バッグは有料ですが、無料でこちらのBAGに入れて貰えるので持ち帰り自体は可能です♪
当日中に食べちゃう人はこれで充分かな。
んで、うっすら見えてるのでご紹介

 

バ~ニラ、買いました♪
コムクレープのクレープブリュレに入っているのがこの「バ~ニラ」なんだそうで、これで家でも新鮮なコムクレープがたのしめ・・・ます?
1日10袋限定です✨

 

(*’ω’*)amazonでぽちっと、バーナーを購入したので・・・できるかな??

 

それでは実食!

お待たせしました、スイーツの写真でございますよ(*’ω’*)

 

クレープブリュレ
店頭で食べる場合は店員さんがその場でクレープを焼いて、バニラを詰めて表面を焦がしてくれます♪
上はパリッと香ばしくて、中にはふわふわで芳醇な香りのバ~ニラが詰まっています。

クリームチーズやチョコチップなどのメニューがありますが、複数人で行って分け合うなら是非1人は普通のバニラをご賞味下さい♪中の具をたのしむのも良いですが、間違いなく美味しいのですが、やっぱりバ~ニラだけを頬張るのがみずもんはオススメです🌟

 

持ち帰りにすると、こんな感じで包まれています。アイスで食べちゃうのもひんやり美味しいですが、解凍してふんわり食感をたのしむのがオススメです♪

チョコザックチョコレート
ちょと開け方に苦戦しますが、そんなに難易度は高くないです♪
チョコザックチョコレートはチョコのパリパリが楽しめるタイプのクレープブリュレ、食感が楽しいのでオススメです🌟

 

キャラメルクッキー
キャラメルクッキーはキャラメルの香ばしさと、クッキーのホロっとした食感が楽しめるクレープブリュレです♪
コク深いクレープブリュレをたのしみたい人にはコチラがオススメ☆彡

 

焦がしてある部分は内包装がしっかりしてあります♪フィルムに飴が持って行かれないよう、そーっと剥がして下さいね。

ここのセロテープが水滴に隠れてなかなか見つからなくて苦戦💦
あんまりひっかいてるとクレープが潰れちゃうので手元のフィルムの隙間から2か所切り込みを入れてラベルを割きました。

 

🍦アイスタイプの持ち帰りの中身、フィルムを剥がすとこんな感じです。

 

一番おいしい部分(*‘ω‘ *)🌸
ちゃんとブリュレ的なパリッとした感じが残ってます♪

 

今度はベーコンエッグが食べたいけれど・・・やっぱりクレープブリュレを食べちゃうかなぁ・・・(*’ω’*)

 

 

オーナー、また行きますね🌟

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

自由が丘店配送サービスについて

さて、先にご案内した通りコムクレープ自由が丘店では店舗限定の配送サービスを行っています。
みずもんは今回、大阪への帰省土産に手配しました🌟

 

今のところ都内の店頭での対応は自由が丘店のみ行てるとのことなので、それを目当てに来店しました。勿論コムクレープさんではWEBでの通販対応をしていますが、店頭で食べる&発送の予定だったのでこちらに。因みに記事を書きながら確認しましたが、限定商品などがあるためWEBのほうが種類が豊富かな。

 

お店の中にある各テーブルにクレープのメニューとオーダー用紙があるので、そちらに記入して、注文します。
ペンの設置はないので、持ち歩いてない人は店員さんにお声がけを。

用紙はこんな感じ。
住所などを記入してから、注文したいクレープの種類と数を書き込みます。送料は6千円以上が無料になるので種類にもよりますが、約8~9本購入したらクリアするかなと。
クレープの記入欄が自己記入になってるけど・・・どこまで対応してくれるんだろうw一応冷凍の棚にあるメニューの中から選びました。

 

今回みずもんはクレープブリュレバニラ5本と、チョコザックチョコレート2本とキャラメルクッキー2本を注文して、送料無料にしました。
発送した場合の包装ですが、形が崩れないような箱に入れてクール便で届きます。中身は店頭に並んでいる持ち帰り用と同じです。

 

用紙を記入したら、クレープの注文と同じ窓口でオーダーしてください。お会計についてですが全て現金のみなので・・・必ず現金を用意していってくださいね。用紙については複写を取ってくれるので、控えがわりにそれを受け取ったらオーダー終了です。配送日ですが1週間後を目安に注文できます、もう少し急ぎたい場合は店員さんに相談して下さいね(*’ω’*)

 

珍しい、原宿で行列のクレープ♪とのことで帰省先の実家で全員ニッコニコで食べました🍰🥙✨
帰省先にまだコムクレープが無いって人、そうでなくてもオススメです💗

 

 

お店の情報

住所:東京都世田谷区奥沢5-42-3トレインチ自由が丘-101

最寄り:各線自由が丘駅南口より 徒歩3分

営業時間:11:00~20:00

日曜営業

定休日:無休

連絡先:03-6715-6221

<お店公式>

<hasegawa氏のTwitter>