東京 濃厚な味噌ダレとんかつならここ! 矢場とんグランルーフ店 <オススメランチ>




東京駅でおなかいっぱい味噌とんかつが食べたいな(*’ω’*)

そんなあなたにおすすめなのが矢場とんグランルーフ店🍖

名古屋の味噌カツの大手チェーンとして人気のお店ですよね♪

東京駅八重洲口すぐの所にあるので、東京駅で美味しい味噌トンカツ!!と思ったら是非思い出してほしいお店です☆彡

 

矢場とんとは

ご存知!名古屋名物の味噌カツを販売する人気とんかつやさん。

揚げたてのカツが特製の味噌ダレにしっかり浸された状態で提供されるスタイルが特徴♪

この味噌カツは初代店主が串カツを土手鍋(豆味噌のドロッとしたタイプのもの)にドボンとつけたらおいしかった!という所からイマジネーションを受けて、スタイルを確立させたのだとか。

 

甘い味噌ダレでガッツリ!と食べ方が好きな人にはたまらないとんかつですね(*’ω’*)

 

お店の行き方

矢場とんグランルーフ店は「東京駅八重洲口」の地下にある一番街を抜けると到着できます。
外からも行けますが、今回は中からご案内します。

 

八重洲口を出ると「東京駅一番街」につながる階段が幾つかあるので、そこから地下に入ってください。

 

階段を降りると地図があるので、そこで位置が確認できます。
お店に一番近いのは八重洲南口すぐの所にあるA-2階段です。

 

降りたところに「東京お菓子ランド」や「東京ラーメンストリート」などがあり、大変誘惑が激しいのでご注意をw

 

ラーメンストリートに近い入り口がお店に近いかなと思います。

 

グランルーフの入り口は様々ありますが、入り口ににはこんな感じでご案内がございます。
※写真は参考まで、お菓子ランド側からの入り口です。
ここからだと、矢場とんは一番奥です。

 

グランルーフ地下レストランについて、東京駅の八重洲地下街と間違えやすいので、ご注意ください。
商店街ぽくない、写真のように黒と木目の統一性のある外観が特徴です。

 

お店外観

グランルーフの矢場とんの外観はこんな感じ。
黒地にロゴが入っていて、愛嬌のある豚のキャラクターの豚が出迎えてくれます。

 

反対側から
お店は横幅が広い感じ、奥行きはあまりありません。席数は24席との事。

 

お昼は並ぶのでしょうか、ラインが張られてますね。

 

お店のメニューはこんな感じ。
わらじとんかつ、ロースとんかつ、ヒレとんかつ、ひれかつ丼、みそかつ丼、鉄板、串かつなどなど。

 

新幹線乗る前か、後に串カツと🍺にしてもよさそうですね(*’ω’*)✨

 

あと、名古屋の方には定番かな??
お弁当もあります。
矢場とんのとんかつは味噌ダレが別途ついてくるので、たっぷりかけて!!

 

それでは実食!

 

わらじとんかつ 定食¥1600
コチラがお店のイチオシ?なのでしょうか。通常のローストンカツの2倍の大きさを誇るとんかつ。

 

通常のみそだれとソースと選べ、写真のように半分ずつたのしむこともできます🎶

 

ローストンカツ 定食(ごはん、味噌汁付き)¥1188コチラが普通のロースかつ。(*’ω’*)面積は披露目に見えますが、厚みはやや薄め。

 

因みに、小盛りに見える🍚ごはんはおかわり可能☆彡

 

写真に写ってないですが、お味噌汁は+¥150で豚汁へ変更可能です♪

 

お味について、甘くてコクのある味噌だれが好きな人にはたまらないお味で、ごはんとの相性も抜群。

 

決して「濃い!」というわけでもなくこの状態でご飯と一緒にずっと食べていたい位バランスが整ったお味でした。

 

途中、辛子をつけたり、すりごまをかけたりの味変も可能なので、がっつりごはんと一緒に楽しみたい人は是非それで最後まで飽きずに楽しんでもらいたいところ。

 

お肉の厚みは薄め、とご案内しましたが味噌ダレでびしょびしょの状態で食べるのがこのお店の醍醐味なので、この厚みが丁度いい感じかなと思います。

 

 

また、都内で味噌カツが食べたくなったら矢場とんさんを選びたいと思います♪

ごちそうさまでした。

 

待ち時間
混んでいなければ、サーブは早めかなと思います。

 

矢場とんのソースは通販ができます🎶

これで自宅でも矢場とんのお味が楽しめます☆彡

 

矢場とんグランルーフ店のお店情報

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 グランルーフ B1F

最寄り:JR東京駅 八重洲口 徒歩5分

営業時間:

10:00~23:00(L.O.22:00)

日曜営業

定休日:グランルーフに準ずる

連絡先:03-3212-8810  予約不可

<お店公式HP>

<食べログ貼っておきますね。>