パスカルベイユヴェールを使ってフレンチトースト <手料理>




フランス産の人気高級バターパスカルベイユヴェール。

とても芳醇な風味で圧倒的な存在感を放つこのバター、フレンチトーストにしたら間違いなく美味しいのができあがるんだろうなって思い、パン屋に走ることに☆彡

 

 

あわせて読みたい

フランスの絶品バター パスカルベイユヴェールを試食しました♪ <オススメ土産>

2018.01.07
パスカルペイユヴェールのバター試食とその他のフランスバター食べ比べレポート☆彡

 

パスカルベイユヴェールを使ってフレンチトーストを作りました♪

 

フレンチトーストにするために、今回使ったバターは(ピンク)有塩のもの。


こちらのパッケージを使用✨

食パンは4枚切りに。

家族からふかふかのフレンチトーストが食べたいというリクエストが出たので、分厚いものにしました。
詳しい材料は以下になります。

 

用意したもの

材料

・パン(四つ切)2枚
・卵 1個
・牛乳 300㏄位
・バニラエッセンス 少々(2~3振り位)
・砂糖大さじ2
・バター15g(焼くときのため)

パンや卵の大きさなどに合わせ調整してください。まんべんなく液が浸ればいいです。

卵液に浸すための大きめのボウル、又はバット、フライパンも。

 

トッピング

・蜂蜜またはメープルシロップ 少々(トッピング)
・粉砂糖 (あれば)

 

手順

大き目のボウルへ牛乳、卵そしてバニラエッセンスを加えてよく混ぜ合わせます。
混ざったら砂糖を加えてさらに混ぜます。

材料が混ざったらパンを1枚投入し、良くしみこませます。

1枚目がほどほどに液がしみ込んだら2枚目を投入。

生地を潰さないように裏表ひっくり返しながらゆっくりしみこませ、冷蔵庫で寝かせます。
1時間~2時間程度。

ふわふわのトロトロにしたかったら、一晩寝かせます。
時間をかけて卵液が深部までしみこみます。

 

焼き

フライパンを弱火で熱し、バターを投入し焦がさないようにゆっくり溶かします。
バターをフライパンの上にまんべんなく滑らせふつふつしてきたところで卵液の染みたパンを投入し、
じっくり焼いて行きます。

茶色い焦げ目がついてきたら崩れないようにそっとひっくり返します。
パンが無い所のバターが黒こげにならないよう、パンは少しだけずらしながら加熱してください。
両面にきつね色の焦げ目が付いたらお皿に盛ります。

パンが厚いので火が強いとバターが焦げるうえ、中まで火が通りません。
外はコゲコゲ、中はナマという事もあるのでくれぐれもご注意下さい。
弱火で、おいしくなぁれと唱えながら気長に待ってください。

 

盛り付け

お皿に盛り付け、あれば粉糖を振り、

お好みのシロップをかけます。
クリームもあれば盛りたい。

バターの風味がたまらない!
おいしいフレンチトーストの完成です。

 

ここまでご覧いただきありがとうございました。

良かったらコチラも

あわせて読みたい

生食パンを食べ比べてジャッジ! 乃が美とセントルザベーカリーの角食パンをフレンチトーストにしてみました☆彡

2018.12.04
人気の高級生食パンを使ったフレンチトーストに挑戦☆彡
行程から写真付きでご案内しています♪

あわせて読みたい

フランスの絶品バター パスカルベイユヴェールを試食しました♪ <オススメ土産>

2018.01.07
パスカルペイユヴェールのバター試食とその他のフランスバター食べ比べレポート☆彡

みずもんまたねーボタン